滋賀県大津市、旧東海道沿いに江戸時代から続くお茶屋『中川誠盛堂茶舗』のオンラインショップです。

常滑焼 藻掛けの急須 No.2 山田勇太朗作

17,600円(税1,600円)

購入数
日本の陶芸界において注目を浴びる常滑焼の若手陶芸家、山田勇太朗が手がける「藻掛けの急須 」をご紹介します。
山田勇太朗氏は、原土から水簸して作った4、5種類の土を用いて急須を制作しています。その軽さと水切れの良さは、言葉では表現できないほど見事です。
急須のデザインはシンプルでありながら、他にはない独特の雰囲気があります。直径 8.5cmの胴体部分と、口径 5.5cmの蓋部分を持つコンパクトなサイズ感は、使いやすさを追求して生まれたものです。

この急須の全長は取っ手を含めて12cm、底からつまみまでの高さは6.3cmです。容量は180ccで、ちょうど1〜2人分のお茶を淹れるのに最適なサイズです。
この藻掛けの急須を使うことで、茶葉の香りや旨みが最大限に引き出されます。その美味しさを存分に堪能できるだけでなく、常滑焼の職人技が光る美しい造形も楽しめます。

朝のひとときや、ゆったりとしたティータイムにぴったりの一品です。心地よい焙煎茶や香り高い煎茶を、この急須で淹れる贅沢なひとときを過ごしてみてください。

【<取り扱い注意事項>】
- 陶器製品のため、割れや傷を防ぐために取り扱いには十分にご注意ください。
- 急激な温度変化に弱いため、急激な温度変化を避けてください。
- 使用後は十分に乾燥させ、湿気の少ない場所で保管してください。
- 食器洗い機や電子レンジの使用は避けてください。

山田勇太朗
1992年 愛知県常滑市生まれ
2010年 愛知県立常滑高校 セラミック・アーツ科卒業
2014年 大同大学 工学部都市環境デザイン学科卒業
2017年 とこなめ陶の森陶芸研究所 修了
2017年 独立 愛知県常滑市を拠点として活動中

直径 (胴体部分) 8.5僉
口径(蓋部分) 5.5
全長(取っ手含)12
高さ(底からつまみまで)6.3
容量 180cc
素材:陶器

おすすめ商品