滋賀県大津市、旧東海道沿いに江戸時代から続くお茶屋『中川誠盛堂茶舗』のオンラインショップです。

第71回関西茶品評会
近江茶が煎茶部門で農林大臣賞を受賞!


有名茶産地が高級茶の出来栄えを競う第71回関西茶品評会が、三重県茶農業協同組合で行われ
宇治茶(京都)近江茶(滋賀)大和茶(奈良)伊勢茶(三重)白川茶(岐阜)西尾(愛知)など6府県から
煎茶やかぶせ茶など5茶種、489点が出品された。

審査会は、お茶の生産技術の向上が目的で「玉露」「煎茶」「かぶせ茶」「深蒸し茶」「てん茶」など
5部門に分かれ、22人の審査員が「外観」「色」「香り」「味」の4項目をチェックする。
外観審査は、トレイの上に広げた葉の色や状態を審査員らが鋭い目線で点検し、次に熱湯を入れた
状態で「色」「香り」「味」を評価した。審査結果が発表され近江茶(滋賀県)が1位から4位までを独占
し詰めかけた報道関係者からはどよめきが起こった。




朝宮茶・土山茶・産地賞も受賞!

本県からは、近江茶(土山茶、朝宮茶)等から煎茶部門・かぶせ茶部門に出品され
煎茶の部(朝宮茶)が1等1席【農林大臣賞】を獲得しました。
また、同部門において圧倒的多数で産地賞第一位を獲得するなど、主要茶種に
おいて多数入賞し、近江茶の品質が高く評価されました。